「セレッソは日本のチームっぽくなかった」劇的な幕切れの済州戦を韓国メディアはどう報じた?

水曜日に開催されたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ1節、済州ユナイテッド対セレッソ大阪の一戦は、アウェーチームがアディショナルタイムにゴールを挙げ、劇的な勝利を飾った。高木俊幸のシュートのこぼれ球に鋭く反応した水沼宏太が左足で殊勲弾をゲットしたのだ。初戦のホームゲームで手痛い黒星を喫した済州。韓国の大手スポーツ紙『Sports Seoul』は「かなり厳しいグループステージになる」と銘打ち、マッチレポートを掲載した。 https://headlines.yahoo.co….

1 水曜日に開催されたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ1節、済州ユナイテッド対セレッソ大阪の一戦は、アウェーチームがアディショナルタイムにゴールを挙げ、劇的な勝利を飾った。高木俊幸のシュートのこぼれ球に鋭く反応した水沼宏太が左足で殊勲弾をゲットしたのだ。初戦のホームゲームで手痛い黒星を喫した済州。韓国の大手スポーツ紙『Sports Seoul』は「かなり厳しいグループステージになる」と銘打ち、マッチレポートを掲載した。 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180215-00035719-sdigestw-socc「済州は大事な最初のボタンを押し間違えた」 2 「済州は大事な最初のボタンを押し間違えた。シーズン開幕前の難しいタイミングで、両チームともに完成形には程遠い内容。パス成功率はきわめて低く、普段ならあり得ないミスが横行した。セレッソは強力な敵で、日本のチームっぽくない印象。絶えずよく動き、済州の選手たちよりも走力で上回っていた」済州と言えば、昨季のACLノックアウト・ラウンドで浦和レッズと対戦し、ベンチの選手がピッチに飛び出して暴力行為を行なうなど大きなトラブルを引き起こした。しかし同メディアはその点にはいっさい触れず。低調な出来に終始し、終了間際に集中力を欠いて敗北を喫したチームを糾弾した。 「敗北はおろか、引き分けさえ許されない重要な試合で競り負けた。2位の座を争うだろうセレッソに3ポイントを献上してしまったのだ。グループステージ突破はのっけから前途多難な印象だが、幸運だったのは、グループ最強の広州恒大(中国)がホームでブリーラム・ユナイテッド(タイ)と引き分けたこと。どこもこの時期はコンディション調整が難しいのだろう」 次節(2月21日)、セレッソはホームで広州恒大を迎え撃ち、済州は敵地でブリーラムと戦う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。