長谷部誠が思うブンデス適応に最も必要なことは?後輩・鎌田大地らに“授業”

フランクフルトの日本代表MF長谷部誠が、鎌田大地らとともにクラブの公式チャンネルに登場。日本人がブンデスリーガに適応するために、必要なことを説いている。 2008年にヴォルフスブルクでブンデスリーガデビューを果たし、丸10年プレーする長谷部。今月始めにはリーグ250試合出場を達成し、日本人最多出場記録を更新し続けている。 2014年からプレーするフランクフルトでは、キャプテンを務めることも多い長谷部。クラブ公式チャンネルに、鎌田や女子チームの日本人選手2人と共に登場し、後輩3人へブンデスリーガ…

1 フランクフルトの日本代表MF長谷部誠が、鎌田大地らとともにクラブの公式チャンネルに登場。日本人がブンデスリーガに適応するために、必要なことを説いている。 2008年にヴォルフスブルクでブンデスリーガデビューを果たし、丸10年プレーする長谷部。今月始めにはリーグ250試合出場を達成し、日本人最多出場記録を更新し続けている。 2014年からプレーするフランクフルトでは、キャプテンを務めることも多い長谷部。クラブ公式チャンネルに、鎌田や女子チームの日本人選手2人と共に登場し、後輩3人へブンデスリーガへ適応するためのアドバイスを送った。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180215-00000018-goal-socc長谷部が後輩たちに“授業” 2画像クリックで公式動画ページへ 「まずは言葉を覚えること。できるだけ早く覚えて、他の選手とコミュニケーションをとること、そして日本とドイツのサッカーの違いを理解し、それに適応していくことが大事だと思います」 「違う国にいれば、言葉も文化も違うので苦労すると思います。僕も苦労してきましたが、そこでいかに踏ん張れるか、我慢できるかというのはすごく大事。それを乗り越えたときに、目標に手が届くと思いますよ」 また、ドイツ語の難しさにも言及。それでも、意思を伝えることが大切だと説いている。 「日本語とドイツ語は全く違うし、日本人にとっては難しい言語だとは思います。僕自信もドイツ語を完璧に話せているかというと、そうではないですね……」 「ただ、“伝える”ということは大事で、色々なことを話すようにしています。ドイツに来て2年位は、ずっと家庭教師をつけて週2~3回授業して覚えていきましたね」 #長谷部 選手と #鎌田 選手が表紙のクラブマガジン・Eintracht von Mainの今月号がオンラインショップで販売スタート!📕✨お求めの方は下記URLから!👇https://t.co/r7msGT02jP#SGE pic.twitter.com/HRuQYYzsYb— Eintracht Frankfurt (@eintracht_jp) 2018年2月14日 動画の最後には、3人の後輩たちにドイツ語の“授業”を行った長谷部。鎌田から「全然ご飯に連れてってくれない」と暴露されていたが、後輩たちのために丁寧なアドバイスは欠かさないようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。