【最高裁】君が代不起立 元教職員22人逆転敗訴、1審と2審は、都に1人あたり200万円余りの賠償を命じる

東京の都立高校の元教職員が、卒業式などでの君が代斉唱の際に起立しなかったことを理由に定年退職後に再雇用されなかったのは不当だと訴えた裁判で、最高裁判所は、東京都の判断が不合理とはいえないとして都に賠償を命じた判決を取り消し、元教職員の訴えを退けました。都立高校の元教職員22人は、平成18年度から20年度にかけて、卒業式や入学式での君が代斉唱で起立しなかったことを理由に、定年退職後に再雇用されなかったのは不当だとして、都に…

東京の都立高校の元教職員が、卒業式などでの君が代斉唱の際に起立しなかったことを理由に定年退職後に再雇用されなかったのは不当だと訴えた裁判で、最高裁判所は、東京都の判断が不合理とはいえないとして都に賠償を命じた判決を取り消し、元教職員の訴えを退けました。都立高校の元教職員22人は、平成18年度から20年度にかけて、卒業式や入学式での君が代斉唱で起立しなかったことを理由に、定年退職後に再雇用されなかったのは不当だとして、都に賠償を求めました。1審と2審は、「式の進行は混乱しておらず、起立しなかったことだけを不当に重く扱ったのは裁量権の範囲を超え、違法だ」として、1人あたり200万円余りの賠償を命じ、都側が上告していました。19日の判決で、最高裁判所第1小法廷の山口厚裁判長は、「当時は再雇用を希望しても全員は再雇用されなかった。起立しなかったことを重視して不合格にすることが著しく合理性を欠くとはいえない」と判断し、都に賠償を命じた判決を取り消し、元教職員の訴えを退けました。東京都教育委員会は、政府が再雇用を希望する国家公務員を全員、再雇用する方針を決めたことを受けて、平成26年度から希望する都の教職員を原則、再雇用しているということです。判決のあと会見を開いた原告団の代表の泉健二さん(71)は、「君が代を歌えない者たちを完全に職場から排除しようという不当さを訴えてきたが、最高裁判所の論理は理解できず、非常に憤りを感じている」と話していました。また、原告の片山むぎほさん(69)は「母の介護のために退職し、再雇用を希望したが、不起立を理由に不合格になり、生活の安定が奪われた。1審と2審の判決を最高裁がひっくり返したことは理解ができない」と話していました。一方、東京都教育委員会の中井敬三教育長は、「都の主張が認められたものと考えている。今後も、職務命令違反については厳正に対処していく」とコメントしています。※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースでhttps://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20180719/0015006.html                     ツイートする シェアする 2:2018/07/19(木) 18:04:27.20ID:iqs9Hldc0.net最高裁がまともな判決出した7:2018/07/19(木) 18:05:09.65ID:5AjA8vg+0.net下級審裁判官にも×つけさせろよもう12:2018/07/19(木) 18:06:46.11ID:Mtogat9t0.net公務員なんだから遵法しなきゃ13:2018/07/19(木) 18:06:46.15ID:IMYw8QH+0.net生徒の邪魔なんだよな14:2018/07/19(木) 18:06:54.72ID:/Kdk4UTQ0.netこんなクズ教師共が生徒にあれやれこれやれ命令してんだもんな19:2018/07/19(木) 18:08:09.72ID:OkeNn9kb0.net嫌なら日本国の税金貰うなよ22:2018/07/19(木) 18:09:17.72ID:S7UhTBSO0.netざまあ23:2018/07/19(木) 18:09:17.81ID:C0EUut730.net税金で給料を貰い、職務命令をして更に税金で給料を貰おうとするこの図々しさ29:2018/07/19(木) 18:09:52.01ID:IKqM28sR0.net妥当32:2018/07/19(木) 18:10:19.08ID:MLla5qlE0.netうむ36:2018/07/19(木) 18:11:17.18ID:7FloUbnT0.net高校野球で有名な沖縄の名監督「子供達がかわいそうだから、高校野球と先の大戦を絡めないでくれ」38:2018/07/19(木) 18:11:26.80ID:g7VMD3e/0.netこの人たちは君が代歌えない理屈があるとして、中国やアメリカの国籍だったら歌えてるの?3:2018/07/19(木) 18:04:29.01ID:8hMuvkqS0.net君が代かどうかは関係ないんだよ 職場で政治パフォーマンスやらかす自由なんかねえんだよ馬鹿ども8:2018/07/19(木) 18:05:41.46ID:3lGcp2qK0.net>>3ど正論45:2018/07/19(木) 18:12:18.31ID:NaftEDS70.net>>3グウのおとも出ない正論すぎるわ。64:2018/07/19(木) 18:14:43.18ID:Wx/KQcol0.net>>3しかも税金で食ってる事を棚に上げてって頭おかし過ぎる82:2018/07/19(木) 18:17:39.48ID:u+aN1Uk40.net>>3日教組もそうだが、労組や弁護士会など勘違いした奴が多すぎ105:2018/07/19(木) 18:19:46.43ID:VCVihr0p0.net>>3これ119:2018/07/19(木) 18:20:55.89ID:Ng+gTvhA0.net>>3その通り!158:2018/07/19(木) 18:25:19.17ID:0wcPWaji0.net>>3その通りw公務員だという自覚がないんだよな最高裁GJ!233:2018/07/19(木) 18:32:25.69ID:wcIuo8BG0.net>>3全くもってその通り107:2018/07/19(木) 18:19:51.59ID:pvyFhq7Z0.net>>6それに尽きると思う。国歌を歌いたくないなら私立に行けばいいのにそんな奴をわざわざ雇いたい学校があるかは知らんが15:2018/07/19(木) 18:07:10.77ID:wD72ofJk0.netこれは民主主義に反すると思う。しかし日本は民主主義と徐々に決別しつつあり、国民はそれを受け入れようとしているので、司法の判断としては妥当。20:2018/07/19(木) 18:08:31.15ID:IMYw8QH+0.net>>15たとえば公務員には団体行動権はない、といったら民主主義に反するのかね?28:2018/07/19(木) 18:09:50.43ID:wD72ofJk0.net>>20アメリカにはあるな。微妙なところからだんだんとロシアみたいになっていく。76:2018/07/19(木) 18:16:41.82ID:RSjmhBcR0.net1 起立斉唱等を求める職務命令についての憲法判断(最高裁)(1) 最(3小)判平19・2・27民集61巻1号291頁(合憲、ピアノ伴奏)(2) 最(2小)判平23・5・30民集65巻4号1780頁(合憲、起立斉唱)(3) 最(1小)判平23・6・6民集65巻4号1855頁(合憲、起立斉唱)(4) 最(3小)判平23・6・14民集65巻4号2148頁(合憲、起立斉唱)(5) 最(3小)判平23・6・21集民237号53頁(合憲、起立)(6) 最(1小)判平24・1・16集民239号253頁(合憲、起立斉唱・ピアノ伴奏)(7) 最(1小)判平24・1・16集民239号1頁(合憲、起立斉唱)(8) 最(1小)判平24・2・9民集66巻2号183頁(合憲、起立斉唱・ピアノ伴奏) 2 教職員に起立斉唱を義務付けた大阪府条例についての憲法判断(1) 最(1小)決平29・3・30(合憲とした原判決を支持して上告棄却、原告教員の敗訴確定) 3 大声や怒声を発するなどして卒業式を妨害したことに対する処罰と表現の自由についての憲法判断(1) 最(1小)判平23・7・7刑集65巻5号619頁(合憲、威力業務妨害で有罪確定) 4 不起立情報の利用停止請求に対する不停止決定の取消しを求めた訴訟(1) 横浜地判平23・8・31(請求棄却)(2) 東京高判平24・7・18(上記4(1)の控訴審=控訴棄却)(3) 最(2小)決平25・4・17(上記4(2)の上告審=上告棄却、原告教職員らの敗訴確定) 5 職務命令違反による再雇用不合格等を違法として損害賠償を求めた訴訟(1) 東京地判平27・5・25(請求一部認容)(2) 東京高判平27・12・10(上記5(1)の控訴審=控訴棄却)(3) 最(1小)判平30・7・19(上記5(2)の上告審=上記5(2)判決破棄、上記5(1)判決取消し、  自判して請求棄却、原告元教職員らの敗訴確定)85:2018/07/19(木) 18:17:46.59ID:RSjmhBcR0.net最判平30・7・19(前記>>76の5(3)判決=>>1最高裁判決) 「(1) 再任用制度等は,定年等により一旦退職した職員を任期を定めて新たに採用するものであって,いずれの制度についても,任命権者は採用を希望する者を原則として採用しなければならないとする法令等の定めはなく,また,任命権者は成績に応じた平等な取扱いをすることが求められると解されるものの(地方公務員法13条,15条参照),採用候補者選考の合否を判断するに当たり,従前の勤務成績をどのように評価するかについて規定する法令等の定めもない。これらによれば,採用候補者選考の合否の判断に際しての従前の勤務成績の評価については,基本的に任命権者の裁量に委ねられているものということができる。 そして,少なくとも本件不合格等の当時,再任用職員等として採用されることを希望する者が原則として全員採用されるという運用が確立していたということはできない。このことに加え,再任用制度等は,定年退職者等の雇用の確保や生活の安定をその目的として含むものではあるが,定年退職者等の知識,経験等を活用することにより教育行政等の効率的な運営を図る目的をも有するものと解されることにも照らせば,再任用制度等において任命権者が有する上記の裁量権の範囲が,再任用制度等の目的や当時の運用状況等のゆえに大きく制約されるものであったと解することはできない。」 「(2) 本件職務命令は,学校教育の目標や卒業式等の儀式的行事の意義,在り方等を定めた関係法令等の諸規定の趣旨に沿って,地方公務員の地位の性質及びその職務の公共性を踏まえ,生徒等への配慮を含め,教育上の行事にふさわしい秩序の確保とともに式典の円滑な進行を図るものであって,このような観点から,その遵守を確保する必要性があるものということができる(最高裁平成22年(オ)第951号同23年6月6日第一小法廷判決・民集65巻4号1855頁,最高裁平成23年(行ツ)第263号,同年(行ヒ)第294号同24年1月16日第一小法廷判決・裁判集民事239号253頁等参照)。そして,被上告人らの本件職務命令に違反する行為は,学校の儀式的行事としての式典の秩序や雰囲気を一定程度損なう作用をもたらすものであって,それにより式典に参列する生徒への影響も伴うことは否定し難い。加えて,被上告人らが本件職務命令に違反してから本件不合格等までの期間が長期に及んでいないこと等の事情に基づき,被上告人らを再任用職員等として採用した場合に被上告人らが同様の非違行為に及ぶおそれがあることを否定し難いものとみることも,必ずしも不合理であるということはできない。これらに鑑みると,任命権者である都教委が,再任用職員等の採用候補者選考に当たり,従前の勤務成績の内容として本件職務命令に違反したことを被上告人らに不利益に考慮し,これを他の個別事情のいかんにかかわらず特に重視すべき要素であると評価し,そのような評価に基づいて本件不合格等の判断をすることが,その当時の再任用制度等の下において,著しく合理性を欠くものであったということはできない。」 「(3) 以上によれば,本件不合格等は,いずれも,都教委の裁量権の範囲を超え又はこれを濫用したものとして違法であるとはいえない。」 「5 これと異なる原審の判断には,判決に影響を及ぼすことが明らかな法令の違反がある。論旨は理由があり,原判決は破棄を免れない。 そして,前記事実関係等の下においては,被上告人らのその余の主張を採用することができないことは明らかであり,被上告人らの請求はいずれも理由がないから,第1審判決中上告人敗訴部分を取り消し,同部分につき被上告人らの請求をいずれも棄却すべきである。 よって,裁判官全員一致の意見で,主文のとおり判決する。」114:2018/07/19(木) 18:20:44.08ID:IMYw8QH+0.net>>85おお、ありがとう >上告人らの本件職務命令に違反する行為は,>学校の儀式的行事としての式典の秩序や雰囲気を>一定程度損なう作用をもたらすものであって,>それにより式典に参列する生徒への影響も伴うことは否定し難い 式典での不起立は生徒に悪影響があり >被上告人らを再任用職員等として採用した場合に被上告人らが>同様の非違行為に及ぶおそれがあることを否定し難いものとみることも,>必ずしも不合理であるということはできない また同じことをやらかす可能性が高いと見るのも自然、と122:2018/07/19(木) 18:21:14.04ID:uApZBciY0.net>>76これだけ最高裁判決が出てるのにまだ自分らの主張の間違いを認めない左翼教師は精神状態が異常だわなvia http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1531990993/関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。