【ハゲ朗報】20日間で毛包を100倍に増やすことに成功  20年後実用化

【ハゲ朗報】20日間で毛包を100倍に増やすことに成功  20年後実用化 病気・病院・医療関連│驚きニュース│14:58│コメント(1) 1 : 名無しさん@涙目です。 :2018/10/08(月) 13:11:42.58 ID:4zk+pEAX0.net薄毛治療は再生医療で 実用化へ開発加速 神戸再生医療技術を用いた薄毛治療の実用化が着実に近づいている。研究開発に注力するのは理化学研究所と京セラ、東京のベンチャー企業。頭頂部などの髪が薄くなる男性型脱毛症患者は、国内で約1800万人に上るた…

【ハゲ朗報】20日間で毛包を100倍に増やすことに成功  20年後実用化 病気・病院・医療関連│驚きニュース│14:58│コメント(1) 1 : 名無しさん@涙目です。 :2018/10/08(月) 13:11:42.58 ID:4zk+pEAX0.net薄毛治療は再生医療で 実用化へ開発加速 神戸再生医療技術を用いた薄毛治療の実用化が着実に近づいている。研究開発に注力するのは理化学研究所と京セラ、東京のベンチャー企業。頭頂部などの髪が薄くなる男性型脱毛症患者は、国内で約1800万人に上るためマーケットも大きく、三井物産と伊藤忠商事がベンチャーへの出資に乗り出した。着想から14年、曲折を経て加速する研究開発の現場を取材した。(省略) 髪の毛をつくる「毛包」は、ヒトの器官で唯一、胎児期以降も再生を繰り返す。辻が着目したのは、東京理科大助教授だった14年前。患者の命にかかわる肝臓や腎臓などの器官再生は、実用化まで時間も経費もかかる。国内の男性型脱毛症関連のヘアケア市場は約4500億円。マーケットとしても魅力があった。  辻をリーダーとする研究チームは12年、毛包の2種の幹細胞を合着させたタネをマウスに移植し、毛を生やせることを実証。14年に理研に移り、今年初めにヒトの後頭部の皮膚の細胞を培養し、20日間で毛包を100倍に増やすことに成功した。10個の毛包から千本の増毛が可能になる計算だ。  残る課題は、毛包を量産するための工程の機械化。自動培養装置の開発が、京セラにゆだねられた。(省略)??ʸhttps://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/201810/0011711986.shtml毛穴をつくるためのナイロン糸が付いた、髪の毛をつくる「毛包」のタネ転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1538971902/ 気になるAmazonの本 病気・病院・医療関連│驚きニュース│14:58

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。