「冨安の発見が最大の光明」 英国人記者が19歳DFを絶賛「日本代表の主力になれる」

日本代表は、12日の国際親善試合パナマ戦で3-0と完勝し、森保一監督新体制で2連勝を飾った。ロシア・ワールドカップ(W杯)で16強に入った日本の海外主力組もついに招集され、2022年カタールW杯へ向かう第一歩を踏みしめた森保ジャパンの2試合目。かつてアジアサッカー連盟の機関紙「フットボール・アジア」の編集長やPAスポーツ通信のアジア支局長を務め、W杯を6大会連続で取材した英国人記者マイケル・チャーチ氏はどのように見たのか。代表デビュー戦を飾った19歳のDF冨安健洋(シント=トロイデン)の活躍を…

1 日本代表は、12日の国際親善試合パナマ戦で3-0と完勝し、森保一監督新体制で2連勝を飾った。ロシア・ワールドカップ(W杯)で16強に入った日本の海外主力組もついに招集され、2022年カタールW杯へ向かう第一歩を踏みしめた森保ジャパンの2試合目。かつてアジアサッカー連盟の機関紙「フットボール・アジア」の編集長やPAスポーツ通信のアジア支局長を務め、W杯を6大会連続で取材した英国人記者マイケル・チャーチ氏はどのように見たのか。代表デビュー戦を飾った19歳のDF冨安健洋(シント=トロイデン)の活躍を高く評価し、「日本代表の主力になれるポテンシャルを示した」と絶賛している。 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181013-00141108-soccermzw-socc森保ジャパンがパナマに3-0快勝、外国人記者チャーチ氏が代表デビューの冨安を高評価 2 あまりに歯ごたえのないパナマ相手だったとはいえ、サムライブルーは圧勝し、そのなかで目立った活躍を見せた選手もいる。再びキャプテンマークを巻いたMF青山敏弘(サンフレッチェ広島)はその1人で、コスタリカ戦よりも存在感を示した。前回の試合では海外組とのクオリティーの差が目立ってしまったが、青山は9月の初陣先発メンバーで生き延びた5人(MF南野拓実、DF佐々木翔、DF槙野智章、DF室屋成)のうちの1人となった。監督はチームの総入れ替えよりも、中核を残しておきたいという意思を示したことになる。前回のコスタリカ戦に比べ、この日の青山はベテランの意地を見せたと思う。試合の流れの読む能力が光り、相手守備陣を切り裂く縦パスも際立った。先制点を決めたMF南野拓実(ザルツブルク)に送ったパスはその証拠だ。パナマの守備陣はずさんだったが、相手の脅威となり続け、日本のポゼッションにおいても大きく貢献した。パナマ戦の一番の収穫は冨安だろう。19歳の新鋭はフィジカル面で多大なる期待感を漂わせていた。槙野も90分間上手くサポートしていたが、冨安は自陣のペナルティーエリアで相手の脅威を無効化するなど安定感を維持した。両足で縦パスを入れることができる足元の技術も兼備しており、 個人的には日本代表の主力になれるポテンシャルを示したと思う。 3 2年後の2020年東京五輪に向けて、ディフェンスリーダーの最有力候補でもある。富安の発見こそが、パナマ戦最大の光明だ。

“「冨安の発見が最大の光明」 英国人記者が19歳DFを絶賛「日本代表の主力になれる」” への 6 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。