森保ジャパンの真価が問われるウルグアイ戦 南米の雄の“警戒点”と“攻略法”は?

森保一監督率いる日本代表は3-0で勝利したキリンチャレンジカップ・パナマ戦から一夜明けた13日、新潟市内で練習を行った。右足首を負傷したMF伊東純也(柏レイソル)を除く22人が参加し、リカバリー組とトレーニング組に分かれて約1時間を費やした。16日には新体制3試合目で最も強いFIFAランキング5位のウルグアイと対戦するが、初陣から2試合キャプテンを務めたMF青山敏弘(サンフレッチェ広島)が「次が勝負だと思っている」と話せば、DF長友佑都(ガラタサライ)も精神的な駆け引きの重要性を説いた。森保ジ…

1 森保一監督率いる日本代表は3-0で勝利したキリンチャレンジカップ・パナマ戦から一夜明けた13日、新潟市内で練習を行った。右足首を負傷したMF伊東純也(柏レイソル)を除く22人が参加し、リカバリー組とトレーニング組に分かれて約1時間を費やした。16日には新体制3試合目で最も強いFIFAランキング5位のウルグアイと対戦するが、初陣から2試合キャプテンを務めたMF青山敏弘(サンフレッチェ広島)が「次が勝負だと思っている」と話せば、DF長友佑都(ガラタサライ)も精神的な駆け引きの重要性を説いた。森保ジャパンは初陣からコスタリカ、パナマと北中米カリブ海の国が続いたが、3試合目で初めて南米国と対戦する。しかも、FIFAランキング5位のウルグアイと“現在地”を測るうえで申し分のない相手だ。今回、エースFWルイス・スアレス(バルセロナ)は招集を辞退して不在だが、FWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)やDFディエゴ・ゴディン(アトレチコ・マドリード)など強力なタレントを擁している。 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181013-00141139-soccermzw-soccc長友は南米特有の精神的な駆け引きを警戒「試合の最初にガツンと来る」 2 パナマ戦は出場機会がなく、ウルグアイ戦のスタメン出場が濃厚な長友は、南米特有の“洗礼”を警戒する。 「南米の選手たちは試合の最初に、相手を威圧するというか、危険でない場所でガツンといってファウルして、相手に『あ、コイツ来るな』と思わせる。サネッティ、サムエル、カンビアッソとかコルドバも、インテルにいた時に『まず最初に行け』と言っていましたね。世界で戦ううえでずる賢さは必要になってくる」 元アルゼンチン代表のDFハビエル・サネッティやDFワルテル・サムエル、MFエステバン・カンビアッソ、さらには元コロンビア代表DFイバン・コルドバとインテルで共闘した南米出身選手は、ファーストインプレッションで優位に立つことを重視していたという。 「精神的な駆け引きも大事。特に、海外選手になると日本人はフィジカルが弱いだとか、小さいだとかで、上から目線でなめてるところがある。そこで、ファーストプレーで『俺はここにいるぞ!』というところを精神面でダメージを与えると、駆け引きとか勝負は変わってくる。僕もイタリアとか代表でもプレーしているので、そういう部分を若手には伝えていきたい」初陣から2試合連続で3-0と勝利したことはポジティブな結果だが、3試合目で最も強いウルグアイ戦で真価が問われることは重々承知していると青山は語る。 「ロシア(W杯)に出た組、こないだの試合(コスタリカ戦)で結果を出してくれた二人(中島翔哉、堂安律)が中心になってやっていくと思う。強豪と言っても、日本もロシアでは十分やれていた。そのなかで新しい選手が入ってどこまでできるか。次が勝負だと思っているし、それは分かっている」 3 堂安が「守備の時間が長くなるのかなと思う」と話すように、押し込まれる展開が予想されるなか、どのように南米の雄に牙を剥くのか。ウルグアイ戦は森保ジャパンが世界と戦っていくための試金石となりそうだ。

“森保ジャパンの真価が問われるウルグアイ戦 南米の雄の“警戒点”と“攻略法”は?” への 2 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。