盟友F・トーレスとの共演に…イニエスタ「お互い日本でプレーすることに特別な意味がある」

ヴィッセル神戸MFアンドレス・イニエスタは、友人であるフェルナンド・トーレスとの共演に特別なものを感じているようだ。 明治安田生命J1リーグ第32節で、サガン鳥栖と対戦した神戸。ホームでの一戦でボールは保持していたものの、ゴールは奪えず。0-0で試合を終えた。 この一戦では、今夏それぞれ神戸と鳥栖に加入したイニエスタとF・トーレスがピッチ上で相まみえることに。2010年ワールドカップやEURO二連覇など、数々の栄光を収めた元スペイン代表同士の対戦が、日本の地で実現した。 https://hea…

1 ヴィッセル神戸MFアンドレス・イニエスタは、友人であるフェルナンド・トーレスとの共演に特別なものを感じているようだ。 明治安田生命J1リーグ第32節で、サガン鳥栖と対戦した神戸。ホームでの一戦でボールは保持していたものの、ゴールは奪えず。0-0で試合を終えた。 この一戦では、今夏それぞれ神戸と鳥栖に加入したイニエスタとF・トーレスがピッチ上で相まみえることに。2010年ワールドカップやEURO二連覇など、数々の栄光を収めた元スペイン代表同士の対戦が、日本の地で実現した。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181110-00000024-goal-soccイニエスタVSトーレスはスコアレスドロー 2 イニエスタは、友人であるF・トーレスとの共演に「特別な意味がある」と感じているようだ。 「僕にとっても彼にとっても、とても特別な試合になったんじゃないのかなと思います。長い間友人であり、お互い長い間サッカーで頑張ってきた仲間として、それが何年も経って日本でプレーするということに特別な意味があるのではないかなと思います。お互い自分のチームが勝つために最大限を尽くしたと思いますが、最終的には勝点1を分け合うということになりました」 また、試合内容には満足しつつも、さらなる向上を誓っている。 「結果は変えることはできないですが、勝点1は必ずしも悪くはないのかなと。こちらとしては勝てるような内容の試合だったと思いますし、最終的には決定力というところが足りなかったところがありますが、このラインで続けてまたどんどん向上していき、残りの2試合で良い結果で挑めるように準備していきたいと思います」 3 次節、神戸は清水と、鳥栖は横浜FMとそれぞれ対戦する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。