大迫所属のブレーメン、屈辱のリーグ戦3連敗。ボルシアMGに3失点喫し敗れる

【ブレーメン 1-3 ボルシアMG ブンデスリーガ第11節】現地時間10日にブンデスリーガ第11節の試合が行われ、ブレーメンはホームにボルシア・メンヒェングラッドバッハ(ボルシアMG)を迎えて対戦。【得点者】 39分 0-1 プリー(ボルシアMG) 48分 0-2 プリー(ボルシアMG) 52分 0-3 プリー(ボルシアMG) 59分 1-3 シャヒン(ボルシアMG) https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181111-00296439-footb…

1 【ブレーメン 1-3 ボルシアMG ブンデスリーガ第11節】現地時間10日にブンデスリーガ第11節の試合が行われ、ブレーメンはホームにボルシア・メンヒェングラッドバッハ(ボルシアMG)を迎えて対戦。【得点者】 39分 0-1 プリー(ボルシアMG) 48分 0-2 プリー(ボルシアMG) 52分 0-3 プリー(ボルシアMG) 59分 1-3 シャヒン(ボルシアMG) https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181111-00296439-footballc-soccブレーメンはホームでボルシアMGに1-3で敗れた 2 ブレーメンに所属する大迫勇也はベンチ入りを果たした。試合開始して39分、こぼれ球をアラサン・プリーに押し込まれボルシアMGに先制を許してしまう。続く48分には、コーナーキックから再びプリーに追加点を決められた。さらに52分、オスカル・ウェントがゴール前に折り返したボールにプリーが合わせて3点目。プリーにハットトリックを決められてしまう。59分にブレーメンのヌリ・シャヒンが1点を返すが追いつくことは出来ず、ブレーメンは1-3の敗戦を喫している。 次節、ブレーメンはフライブルクと、ボルシアMGはハノーファーと対戦する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。